へその脱毛なんて意味ある?!
へその脱毛なんて意味ある?のか解説します
TOP PAGE > 光脱毛しゅうりょう時に冷たいジェルなど

光脱毛しゅうりょう時に冷たいジェルなど

光脱毛しゅうりょう時に冷たいジェルなどを使って、肌を落ち着かせてはくれますが、当日はちょっとした赤みがみられる場合があります。

夏に施術をうけた場合には、赤みが出現する場合が多いように感じます。

そういう時は自ら冷えたタオルで冷やしたりして赤みを抑える処置をしています。

脱毛サロンに行くときに自己処理してきて頂戴と言われた時には、電気シェーバーを使用しての処理をお勧めします。

何故なら電気シェーバーだとカミソリよりも肌への負担が少なくて済むので、エステに行ったときに炎症が起こっていて当日になって施術が出来ないといったことにはならなくて済みます。

電気シェーバー以外の方法でムダ毛を処理する場合、肌への負担を減らすため予約の前日ではなく、数日前までに処理を済ませた方が無難だといえます。ニードル脱毛というのは電気針を毛穴に入れて毛根を壊します。

少し前まではこの脱毛方法が主流でしたが、肌への負担や痛みが大聞かっ立ため、最近はレーザーでの脱毛方法が大部分となっています。毛根をレーザーで破壊するレーザー脱毛はニードル脱毛より効果はなくなりますが、痛みも小さく肌への負担が少ないというようなメリットがあります。毛抜きを使ってムダ毛を抜くのは、自分自身でムダ毛の処理を行う方法として、あまり良いやり方ではないといえます。毛抜きだけでできますが、時間の無駄になりますし、埋没毛になってしまうかも知れません。そのため、毛抜きで脱毛処理するのは避けることをおすすめします。

滑らかな肌を目標とするなら、お肌にかかる負担を考えてムダ毛処理のやり方を選びましょう。

私は定期的にvioの光脱毛をしているのですが、デリケートなところなので、初回はドキドキしました。数回行った頃には、慣れて気にならなくなり、ムダ毛が目立たなくなったり生えてくるのが遅くなって効いているなと実感できました。

今は行って良かったと実感しています。脱毛が完璧に終わるまでこれから先も継続して通いたいです。

サロンで人気なのは、光脱毛という脱毛法です。

尚、最近は家庭用の脱毛器でも、この光脱毛システム搭載の商品が販売中です。

毛には毛周期というものがあるため、1回のお試しではあまり脱毛の効果は感じられません。間を置いて6回くらい繰り返し脱毛施術をされますと大変にご満足いただける結果となることだといえます。

脱毛サロンをご利用する際の注意点なのですが、まず、価格が分かりやすいかどうか、あなたの大事な肌に何かあった時の事をきちんと考えてくれているのかどうか、確認しておくのが最低限の留意点です。

万が一満足できなかった、という事もありえます。

その時に、やはりやめておこう、となった時には違約金がかかります。その金額の事も慎重に契約書を確認しておいてください。それから、予約がきちんと取れるサロンであるかどうか、予約のキャンセル料はいくらくらいなのかといった事も見落としがちなので注意しましょう。

関連する記事はコチラ

Copyright (c) 2014 へその脱毛なんて意味ある?! All rights reserved.